Ederor

アプリ開発では低価格開発を実現

アプリ開発では低価格開発を実現

Ederorでは、低価格でアプリケーションの開発を行っております。アプリケーション開発を低価格で行えるのにはもちろん理由はあります。ここでは、その理由について解説させていただきます。

  • 低コストで開発ができる理由
  • ノーコード開発のメリットとデメリット
  • 主流となっているノーコード開発アプリ
  • 実際の開発コスト

低コストで開発ができる理由

コンピュータ, デスク, 仕事, ビジネス, オフィス, 入力, コーディング, プログラミング, コード

さて、早速ではありますがノーコード・ローコード開発という言葉をご存知でしょうか。

ノーコード・ローコード開発とは、その名の通りプログラマーがコードを書かない、もしくは少しのコーディングでアプリケーションを作る開発手法を言います。最近よく耳にするようになってきたこのノーコード・ローコード開発という言葉ですが、その詳細についてここでは解説していきます。

従来のアプリ開発では、要件定義を行なった上でプログラマーが要件に沿ったアプリケーションをコードを書いてアプリケーションを完成させるのが当たり前でした。しかし、Ederorではこの、ノーコード・ローコードで開発を行うことにより、開発コストを極限まで落としてお客様にアプリケーションを提供いたします。

これを行うことにより、従来多くエンジニアのリソースが割かれていたコーディングの時間が減り、低コストでアプリケーションを提供できるようになります。今や、世の中には数10万以上ものアプリケーションであふれていますが、アプリケーションを開発するためのエンジニアの人件費は高く、人員確保が難しい状況です。

エンジニアの人材獲得が難しいということは、それだけエンジニアの供給量が足りないということであり、さらなるエンジニア単価の高騰を招きます。こうした現在の状況からも、ノーコード・ローコード開発を行うことにより、高騰するエンジニアの単価を抑えることができます。

ノーコード開発のメリットとデメリット

コード, コーディング, プログラミング, Html, 入力, 仕事, ビジネス, 手, ラップトップ

さて、ノーコード開発を行う中で、開発コストが低くなるということはなんとなく理解いただけたのではないでしょうか。しかし、ノーコードでの開発は一般的にみてもまだまだ事例が少ないので、信頼性がないというのも事実です。

ここではさらに、ノーコード開発を行う上で従来の開発と比較したメリットとデメリットをご提示していきたいと思います。ノーコード開発は従来のアプリケーション開発とは開発コストや工数にかなり開きがありますので、そこについてもご紹介いたします。

ノーコード開発のメリット

  • 開発コストを抑えることができる
  • アプリが完成するまでのスピードが早い
  • 仕様変更が従来の開発と比べしやすい

ノーコード開発ではその名の通り、コードを書かずにアプリを作ることができます。アプリケーションの開発で一番時間を使うのがこのコードを各作業で、専門的な知識と経験が必要になります。ノーコード開発ではこの部分をGUI(グラフィカルに操作できる)で済ませることができるため、開発にかかるコストを抑えることができます。

また、アプリケーションを完成するまでのスピードもコードを書くよりも格段に早くなります。多くのコードを各作業では、書いたコードを確認してそれを修正してということを繰り返しますが、ノーコード開発ではみたままのものをそのまま使えるため、開発がスムーズに進みます。

そして、開発後の仕様変更やデバック作業がしやすいというのもノーコード開発の大きなメリットとなります。通常開発したアプリケーションにバグがあった場合や使用変更では、コードの修正、検証とテストが必要でありここに大きな労力が裂かれます。しかし、ノーコード開発の場合は同様の流れではあるものの、グラフィカルに仕様変更を行うことができるため、大幅に改善がしやすいというメリットがあります。

ノーコード開発のデメリット

  • 認知が広まっていないため専門業者が少なく外注しにくい
  • 細かな点で仕様変更できない部分がある
  • ノーコード開発アプリの規約変更に左右される

最近話題に上がることが多くなってきたノーコード開発ですが、まだまだ認知度が低いのも事実です。従来型のアプリ開発では開発を受注する業者が多くいますが、ノーコード開発を専門にしている業者はまだまだ少ないです。また、案件の事例が少ないということもあり、過去の案件を実績として提示してくれる業者は少ないのが現状です。この状況下では、信頼できる業者を探すことが難しいので、業者選びは慎重にすることをお勧めします。

また、ノーコード開発は細かい仕様変更ができないというデメリットもあります。細かいところを気にせずアプリケーションを開発できるが故に、細かいところの仕様変更ができないのがノーコード開発です。細部まで拘りたいという方は従来のコードを書く開発をする必要があるので注意が必要です。開発を外注したとしても、仕様で変更できないという解答をもらうことになるので、この点は留意した上で開発に取り掛かるようにしましょう。

そして、最大のデメリットとなるのが、ノーコード開発の場合はそのノーコード開発アプリの規約に大きく左右されるという点です。基本的には開発用のプラットフォームの上で開発・公開までを一貫して行うため、利用しているノーコード開発アプリの仕様変更や規約変更があった場合はそれに従わなければなりません。そのため、規約変更や仕様変更が気になるという方は、そのプラットフォームに安定性があるか、信頼性があるのかというところにも目を見張る必要があります。

主流となっているノーコード開発アプリ

学生, 入力, キーボード, テキスト, スタートアップ, ビジネス, 人, オフィス, 戦略, 仕事, 技術

ここでは、ノーコード開発における主要となっているツールをご紹介します。それぞれのツールには特徴があり、できることも変わってきますので参考にしていただければと思います。

1.Bubble

BubbleはWeb開発を行うノーコードアプリの中では主流となっているツールです。Webアプリケーションの開発全般をこのツールだけで完結することができるため、ノーコード開発をこれから行う方はBubbleから始めることをお勧めします。

2.Glide

GlideはコーディングなしでPWAアプリケーション(ネイティブアプリのような挙動をさせることができる)を開発できるとして知名度の高いツールです。Glideはスプレッドシートを簡易的なデータベースのように扱えるため、スプレットシートベースで情報を管理している人にとってはお勧めのノーコード開発ツールです。

3.Adalo

AdaloはWebアプリケーションとスマートフォンのアプリの両方を開発できるアプリケーションです。Webアプリケーションの他にもAndroid・iOSのアプリケーションを開発して、Google PlayやAppStoreに作ったアプリケーションを公開することができます。

4.Microsoft Power Platform

Microsoft Power Platform名前の通り、Microsoft製品・サービスとの連携に強く、Office製品やAzureとの連携に強いノーコード開発ツールです。Webアプリケーションの開発に使用するというよりは、データの収集や解析・業務に特化したアプリケーションの開発を得意としています。

5.Amazon HonyCode

Amazon HonyCodeはクラウドプラットフォームの最大手、AWSを運用するAmazonがAWSの有用性を多くのユーザーに使ってもらうことを目的に開発されたツールです。こちらもMicrosoftのMicrosoft Power Platformと同様、ビジネス志向が強いノーコード開発ツールで、ビジネスで基幹業務に関わる人たちの問題を解決するカスタムアプリケーションを簡単に開発できるというところを売りにしています。

実際の開発コスト

ノート パソコン, モックアップ, グラフィックタブレット, タブレット, グラフィック デザイン

ノーコードアプリケーションの開発は、従来型のコーディングを行う開発に比べると、開発期間が5分の1から10分の1になると言われています。これは、コスト面においてもエンジニア工数を大幅に短縮できるということを示しています。

今まで費用面が高く、アプリケーション開発に手が出せていなかった方にとっても、ノーコード開発の普及はアプリケーションの開発における選択肢お大きく広げるのではないでしょうか。またソフトウェア開発で1番の障壁であったコーディングの手間がなくなるため、ある程度知識がある人であれば、自らソフトウェアの開発ができるようになりました。

アプリケーションの開発において敷居が下がることは、費用を抑えるためにアプリケーションの開発は自社で完結させるという企業も多く出てくることが予見されます。現状ノーコード開発まで手が出せないという方は、是非Ederorまでお問い合わせください。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
03-6869-9610
UA-177436415-1