Ederor

業務用Wi-Fi導入によるストレスフリーな職場環境の創出

業務用Wi-Fi導入によるストレスフリーな職場環境の創出

ご覧いただきありがとございます。この記事を最後までご覧いただければ、職場の Wi-Fi 環境を見返すことでどのようなメリットがあるのかを知ることができます。

  • 遅い Wi-Fi 環境が業務の邪魔をしている
  • ストレスフリーな Wi-Fi 環境
  • 業務用 Wi-Fi と家庭用 Wi-Fi の違い
  • Ederor がストレスフリーな職場環境を創出します

遅い Wi-Fi 環境が業務の邪魔をしている

普段の業務の中で Wi-Fi を使っていて、遅いなと思ったことはありませんか?
何かファイルを開こうとした時やインターネットで調べ物をしている時に、動きが遅くなったり大きなファイルをダウンロードしようとしたら何時間もかかったり、もしくは、少し離れた場所に行くと Wi-Fi が切れてしまったり思い当たることがあるのではないでしょうか?

最近では、在宅勤務が広がってきていることもあり、オンラインミーティングでのお客様とのやりとりや、社内の会議が増えています。そんな時に Wi-Fi が遅かったらどうでしょうか?お客様には悪い印象を与えてしまいますし、社内のやりとりでさえもスムーズに進めることができなくなってしまいます。

このように遅い Wi-Fi 環境というのは、様々な場面でマイナスになっています。これからオンラインでの業務がますます広がっていく中で、ストレスフリーな Wi-Fi 環境というのは、もはや企業にとっては必須な要素の 1 つと言えます。

ストレスフリーな Wi-Fi 環境

ストレスフリーな Wi-Fi 環境が企業はこれからの企業には必須の要素です。しかし、ストレスフリーな Wi-Fi 環境を作るのは簡単ではありません。なぜなら、ストレスフリーな Wi-Fi 環境を作るためには、ネットワークの知識が必要になるからです。

そもそも、ストレスフリーな Wi-Fi 環境というのは、次の 3 つを満たしている必要があります。

  1. スピードが早いこと
  2. どこでもちゃんと繋がること
  3. セキュリティ対策をしていて、安心して使えること

このほかにも、故障時の保証がしっかりしているかや機器の見た目など考えないといけないことはたくさんありますが、使い勝手に関わるのは大きくこの 3 つです。

1. スピードが早いこと

Wi-Fi環境を使う中で、一番使い手に影響が大きいのはWi-Fiを使ったときの通信速度です。Wi-Fi を使っていても、使っていてストレスを感じるようなら使う意味がありません。YouTube で動画を観ようとすると読み込みに時間がかかる、動画が始まっても画質が悪い、そのような状況なら要注意です。

通信の速度は、簡単な方法で調べることができます。
こちらの「Fast.com」というサイトにアクセスしてみてください。すぐに測定が始まります。簡単な目安にはなりますが、表示された速度が 20Mbps 以上であれば web ページへのアクセスなど、大抵のことは快適にこなせるかと思います。

2. どこでもちゃんと繋がること

Wi-Fi のいいところは、有線 LAN をつながなくていいのでどこでも通信ができることです。しかし、Wi-Fi の機器から遠い場所では通信が弱くなってしまったり、そもそもつながらないような場所ができてしまうことがあります。これでは、せっかくの Wi-Fi の強みを使い切ることができません。また、一度の接続台数が多くなったり、大量の通信が発生すると Wi-Fi の機器自体が重くなって通信が不安定になることもあります。

ストレスフリーな Wi-Fi 環境を実現するためには、これらの問題が起きないようにする必要があります。そのためには、Wi-Fi の電波の特性を理解して、最適な場所に最適な台数を設置する必要があります。

3. セキュリティ対策をしていて、安心して使えること

企業と家庭の大きな違いは、この部分じゃないでしょうか。家庭よりも企業の方が、より重要な情報を扱うことも多いですし、情報が漏洩してしまった時のダメージも大きくなります。Wi-Fi は無線の通信なので、電波の入る範囲にいればつなぐことができてしまいます。Wi-Fi はとても便利な分、セキュリティをしっかりする必要があるのです。

業務用 Wi-Fi と家庭用 Wi-Fi の違い

さて、ここまででストレスフリーな Wi-Fi 環境がどういったものか理解いただけたかと思います。実は、Wi-Fi の機器は、業務用と家庭用で種類が違うのですが、ストレスフリーな Wi-Fi 環境を作るには、業務用 Wi-Fi の機器を使う必要があります。

業務用の機器と家庭用の機器の違いは、いくつかありますが分かりやすいのは接続可能な台数に差があることです。家庭用の機器は基本的に、家で使うことを想定して作られています。なので、一度に大量のデバイスを接続することを想定して作られてはいません。業務などで一度に使う台数が多い場合、通信が遅くなったり、完全に停止してしまうことも考えられます。

一方で、業務用の機器は、はじめから大人数で使用することを想定されています。そのため、上限はありますが、大量のデバイスで接続をしても通信をすることができます。利用者が少ないうちはあまり差を感じないかもしれませんが、利用者が増えるほど違いが目に見えて分かるようになってしまいます。

また、業務用の機器はセキュリティについても家庭用の機器より強く設定することができます。Wi-Fi に接続するときの認証を他のサーバーに任せるなど、家庭用の機器にはない機能を使うことがでるんです。これによって、社内のネットワークに外部の人がアクセスしてしまうことを防いだり、社員の人が使ってはいけないネットワークに接続しないように制御することができます。

業務用の機器には、これだけ便利で強力な機能がありますが、1 つ欠点があります。

それは、導入が難しいことです。先ほどもお伝えしましたが、早くて快適な Wi-Fi 環境を作るためにはネットワークの知識が必要です。どれくらいの人数が、どれくらいの通信を必要としているのか、それを把握した上で最適な機器を導入する必要があります。そして、どこでも繋がるようにするには、電波の伝わり方を考えながら最適な場所に機器を設置する必要があります。設置場所の選定にも知識が必要ですし、機器までの配線も専門的な知識が必要な場合があります。さらに、セキュリティのことも考えるとなると、なかなかハードルが高いのではないでしょうか。

Ederor がストレスフリーな職場環境を創出します

我々 Ederor は、ネットワークのプロです。大手企業での業務経験があるエンジニア、ネットワークスペシャリストが所属しており、大規模から個人まで対応させていただきます。その専門知識を駆使するだけでなく、Ederor はお客様にとって最適なものを提供することこそが重要だと考えております。いかにお客様の運用コストを上げずに、便利なネットワーク環境をご提供できるかに注力しています。そのため、実際のお客様環境を調査させていただき、お客様に最適な環境を構築していきます。

Wi-Fi 環境の利用方法や利用目的、現在抱えている問題はお客様によって千差万別です。我々は、その 1 つ 1 つの要望を真摯に受け止め、お客様が実現したい未来を作るお手伝いをさせていただきたいと思っております。

こちらからお問い合わせいただけますので、ネットワークについて気になることがございましたら、お気軽にご相談ください、お待ちしております。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
03-6869-9610
UA-177436415-1