Ederor

Googleが提供するG Suiteでなにができるの?

Googleが提供するG Suiteでなにができるの?

この記事を読んでいただくと、G Suiteの概要、導入時に使用する方法や知識がわかります。それでは、下記の項目について説明させていただきます。

  • ビジネスに必要な全てが詰まっている
  • 導入すると全て1つで管理できる
  • 導入を個人で行う方法とは
  • 専門家が最適な状況に設定します

ビジネスに必要な全てが詰まっている

G Suiteとは、ビジネスに必要な機能が全て揃っているツール郡です。そもそもG Suiteの「Suite」とは、「ひと揃い」という意味があります。つまり、Googleがビジネスに必要なツールを揃えた機能郡になります。その機能は、大きく分けて「連携」「作成」「アクセス」「管理」の4つに構成されています。この章では、それぞれの機能について、ご紹介させていただきます

まずはじめに、連携について説明させていただきます。連携とは、連絡やスケジュール共有、オンライン会議などができる機能になります。メールを送ったり、チームのスケジュールをリアルタイムに確認できます。その情報はすぐさま更新されるので、チーム全員の空いている日時に、オンライン会議などの予定を入れることが可能です。それに必要なテレビ電話機能や出欠確認も全て可能です。

次に作成とは、Microsoftが提供しているExcelやPower pointソフトのように、資料などを作成する機能があります。その機能として、ドキュメント、スプレットシート、スライド機能があります。これらの機能の特徴は共同編集が可能なことです。資料の確認を依頼するときに印刷や送信する手間が必要ありません。それだけでなく、アンケートを簡単に作成できるForm、リアルタイムで共有可能なメモ機能Keepなどがあります。

アクセスとは、データを保存することが可能なドライブや、作成した資料または写真などのデータを検索する機能があります。管理する場所が複数あると、必要な時にすぐ探すことができず非生産時間が増加します。しかし、G Suiteはプランとユーザー数によっては1TBまたは無制限でデータを保存することが可能です。

管理とは、1人1人に別のアカウントを作成することができ、権限を管理することが可能です。社内のみで共有、データへのアクセス権限など、各自のアカウントを管理機能により制御することが可能です。また、デバイスの紛失時には、そのデバイスの中にあるデータの削除も可能です。

運用するのに必要なもの

今までであれば、G Suiteと同じ機能を全て導入するには時間と費用が多くかかります。機器の選定や設定を行い、運用していく必要があります。それだけでなく、導入から運用、保守まで行うのに専門家を雇う必要がありました。そのため、稼働させる環境を構築するのに、かなりのコストがかかってしまいます。しかしG Suiteでは、ハードウェアはお客様のスマホやパソコン、ネットワーク環境があれば使用可能です。クラウドサービスを使用するので、月額の支払いさえ行えばいつでも最新のものが使用できます。

クラウドサービスは、設定や導入さえしてしまえば、運用していくことができます。しかし、その導入にはある程度のネットワークの知識が必要です。ネットワークの理解がある方であれば簡単に行えますが、全くわからない方は少し難しい点があります。しかし、ここを克服したあとは、データの移行や設定なども必要になります。はじめに間違った内容で設定していては、運用時に様々な問題が生じます。それどころか使用できない場合があります。そして、問題を改善するのに、かなりの時間がかかる場合があります。その場合は、G Suiteのサポートチームへ問い合わせが可能な状態にしておくことで、安心してご使用いただけます。

導入を個人で行う方法とは

ここまで、G Suiteで可能な機能や導入にかかる時間や経費の説明をさせていただきました。しかし、自分の力でG Suiteを導入するには、ネットワークの知識が少し必要です。それでも、自分の力でG Suite導入を個人で行いたいという方には導入方法を説明させていただきます。

  • 独自ドメイン取得
  • G Suite申し込み
  • ユーザーの追加
  • DNS設定

まずは、独自のドメインを取得していただきます。これを取得しないと、G Suiteは使用できません。このドメインを取得したあと、G Suiteに申し込みを行い登録します。

次に事業を行なっているのが、一人ではない場合は他のユーザーを追加していきます。先ほど登録したアカウント情報でG Suiteにログインを行い、管理者ツールにてユーザーを追加します。もし、従業員の方が数百人の方がいる場合は、CSVファイルで一括で登録していくことも可能です。

そして、追加を行なったあと、DNS設定を行います。ドメインを取得したドメインの管理サイトにログインし、ドメインホストレコードを追加(TXTやCNAME)画面に映ります。そして、ドメイン管理画面でTXTレコードを追加していきます。追加ができ、認証が終われば稼働開始です。これで初期の導入や設定は可能になります。

専門家が最適な状況に設定します

これまでの内容を読んでいただき、導入できるイメージがつかない方にオススメなのが、EderorのG Suite導入サポートです。通常、数十万かかる導入をEderorでは、安価で高品質に導入支援させていただきます。

さらに、その後のサポートもエンジニアが対応させていただく、サポートプランもあります。なので、困難な問題にも迅速で丁寧な対応で解決に導いていきます。経験豊富な専門家が近くにいますので、ご安心してG Suiteをご利用ください。

ここまで読んでいただきありがとうございます。導入時にかかる費用、内容に関してはお問い合わせいただければ、直接エンジニアが対応させていただきます。そこで、どのような内容がいいのか、決定していき最適なものをご提示させていただきます。もちろん、ご相談は無料で行なっておりますのでお気軽にお問い合わせください。

Ederorはあなたに最適で親身なIT環境を提供させていただきます。ITを駆使して、さらに時間を持て余しませんか??

ご連絡をお待ちしております。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
03-6869-9610
UA-177436415-1