Ederor

システムの統率人。資産管理ツールについて

システムの統率人。資産管理ツールについて

企業や団体のシステムについて、一体どうやって管理しているんだろう。と思ったことはありませんか?

今回はそんな疑問にお答えすべく、資産管理ツールについてご説明していきます。

資産管理ツールはその名の通り、資産を管理するためのツールです。

是非、この記事を読んで頂き、資産管理ツールについて知っていただければと思います。

  • 資産管理ツールとは?
  • 資産管理ツールの導入と運用
  • 国内で有名な資産管理ツール
  • 資産管理ツールを有効活用する方法とは?

資産管理ツールとは?

資産管理ツールは、その名の通り資産を管理するためのツールです。

多くの企業や組織はPCやサーバー、ソフトウェアやライセンスの管理のためにこの資産管理ツールを導入しています。

また、資産管理ツールはシステム管理ツールとしての一面も持っており、システムを管理・制御するためにも使われています。

資産管理ツールを導入することにより、会社のIT資産を管理者が把握して管理しやすくしたり、セキュリティのポリシーを全体に強制的に適用したりすることもできます。

この他にも、ライセンスの管理やログの監視を行えるものもあり、その端末の状態をより細かく知ることができます。

資産管理ツールの導入と運用

資産管理ツールを導入することにより、企業や団体はパソコンやサーバー、スマートフォンやソフトウェアを一元管理することができるようになります。

多くの組織でITを活用することが当たり前になり、便利になった反面、ITの資産管理は人の手で行うのは難しくなっています。

情報の入力漏れや更新忘れなど、正しい情報で資産を管理できていない可能性もあり、人の手を使った資産管理には限界があります。

こういった課題を解決するために資産管理ツールは導入され、実際に多くの場面で有効活用されています。

資産管理ツールの運用は、組織の情報システム部やシステム管理者が行うことが多いため、貴重なIT人材のリソースを資産管理に使わないことでも効果を発揮します。

また、管理している資産に対してリモートアクセスができる資産管理ツールもあり、資産管理ツールの導入は、情報管理者がシステムの全体の管理をを効率的にに行うことをサポートしてくれます。

国内で有名な資産管理ツール

ここでは、実際に国内で多く利用されている資産管理ツールについてご紹介します。

LanScope Cat

LanScope Catは国内で最も利用されている資産管理ツールです。

10,000社以上の国内企業で導入されており、15年以上続けてシェアNo.1を保っている資産管理ツールです。

ITの資産管理やの他にも、セキュリティ対策にも利用でき、多くの業界・業種で導入されています。

AssetView

AssetViewはセキュリティ対策、情報漏洩対策を強化した資産管理ツールで、業務効率化やPCの管理を行うことができます。

70種類以上もの情報を自動で収集することができるため、精度の高い情報資産管理を行うことができます。

SKYSEA Client

SKYSEA Clientは、使いやすさにに着目している資産管理ツールです。

資産管理、ログ管理、デバイス管理、注意表示を行うことができる統合型のシステム管理ツールです。

ログの管理を利用して、働き方改革への取り組みや長時間労働への対策にも利用することができます。

SS1(System Support best1)

SS1もSKYSE Client同様、使い安さを売りにした資産管理ツールです。

WSUSと呼ばれるWindowsアップデート管理システムと連動することにより、Windows 10の更新プログラムの展開状況を監視でき、アップデートを自動的に適用することもできます。

資産管理ツールを有効活用する方法とは?

ここまで、資産管理ツールについてご説明させていただきました。

資産管理ツールは、ある程度規模の大きい組織では必須といっていいほど多くの役割を果たしてくれます。

資産管理ツールを活用することにより、ソフトウェアのアップデートを全体に一斉に配信したり、OSなどのソフトウェア状況を確認できます。

こうした作業は、情報管理者とユーザーが1台ずつPCに対して管理を行うと膨大な時間と労力がかかりますが、資産管理ツールの導入はこうした手間をなくしてくれます。

また、資産管理ツールを利用することにより、どのPCをどのユーザーが使っているということも把握できるため、ユーザーサポートにも活用することができます。

いかがだったでしょうか。資産管理について、もしお困りのことがありましたら、私たちEderorでもご相談にのれます。

お困りの際は是非ご連絡を頂ければと思います。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
03-6869-9610
UA-177436415-1