Ederor

無料で使えるオープンソースOS、Linuxについて解説!

無料で使えるオープンソースOS、Linuxについて解説!

Linuxと聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

Linuxについて何も知らないという方や、OSということは把握していても、実際に使った経験がない方など様々だと思います。

今回はそんなLinuxについて、その歴史も踏まえて解説していこうと思います。

  • Linuxの誕生
  • 様々な用途に対応する万能OS
  • Linuxが広く使われる理由
  • Linuxを使いこなせることのメリット

Linuxの誕生

Linuxは、オペレーティングシステムと言われるソフトウェアの一種です。

OSにはLinuxの他にも、有名なOSだとWindowsOSやMacOS、スマートフォン用のAndroidOSやiOSなどがあります。

そんな中でも、Linuxはオープンソースであることから、パソコン意外にもサーバーやスーパーコンピュータに至るまで、幅広いコンピュータを動かすために利用されています。

オープンソースソフトウェアであるLinuxは、ソースコードに変更を加えて利用したり、変更したものを再配布できることから数多くのコンピュータで利用されています。

Linuxの誕生については1991年にLinus・Torvalds(リーナス・トーバルズ)氏が趣味で作ったのが始まりとされており、現在のWebシステムを構築する上で、Linuxは必要不可欠な存在となっています。

今も尚、Linuxの最終的な調整は同氏が務めているとのことで、現在IT社会の発展とLinuxの開発に対する貢献度の高さが伺えます。

様々な用途に対応する万能OS

LinuxはITに関する殆どのプロジェクトに対応することができると言われています。

株式の取引システムや、世界中にあるWebサーバーの殆どがLinuxで動いており、さらにはAndroidOSについても、もとはLinuxから作られています。

また、家電や車、ゲームにも広くLinuxが使われており、知らずに身の回りでLinuxが活躍しているということが現実に起こっています。

以上のように、Linuxは広く利用されており、様々なことがLinuxでは可能ということがわかっていただけたかと思います。

Linuxが広く使われている理由

Linuxについて、多くの場面で利用されていることがわかって頂けたかと思います。

ここでは、Linuxがなぜ広く使われるのかについて解説しようと思います。

まず、Linuxが広く使われる理由としては以下が挙げられます。

  • 無料で使える
  • Linux用のソフトウェアの大半が無料
  • 内部を改変することができる
  • 動作が軽快

Linuxは無料で利用することができ、Linuxに対応している多くのソフトウェアも多くは無料で利用することができます。

また、オープンソースソフトウェアであることから、内部を自由に変更することができるため、用途に合わせたOS自体のカスタマイズが可能です。

動作が軽快なこともLinuxの特徴の一つで、同スペックのハードウェアであっても、Linuxと他のOSを搭載したマシンでは、処理速度に差が出ることも多く確認されています。

Linuxを使いこなせることのメリット

ここまで、Linuxについて説明させていただきました。

Linuxは世界中で使われているOSでありながら、その操作性はバージョンや種類が違っても、一貫性が保たれています。

また、LinuxはCUIというコマンドベースで使われることが多いため、一度コマンドさえ覚えてしまえば、他のGUIを搭載したグラフィカルなOSと違って、操作感が大きく変わることはありません。

IT人材が世界的にも足りていないと言われる現在、Linuxを使いこなせるようになることは、自身の価値を上げることに直結します。

いかがだったでしょうか。

Linuxは世界的に広く使われており、ITの現場ではLinuxを使える人材が多く求められています。

プログラミングに限らず、Linuxの操作を覚えることにより、今後のご自身の市場価値を上げる第一歩としてみてはいかがでしょうか。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
03-6869-9610
UA-177436415-1