Ederor

エンジニアの職種⑲「フロントエンジニアについて」

エンジニアの職種⑲「フロントエンジニアについて」

記事をご覧頂きありがとうございます、この記事ではフロントエンジニアについて説明します。

  • フロントエンジニアとは
  • フロントエンジニアの現状
  • フロントエンジニアになるために必要なスキルとは
  • こんな方におすすめな職種です

フロントエンジニアとは

フロントエンジニアとは、ユーザがみたり、操作したりする画面をプログラミング言語を使用して作成するエンジニアのことを指します。

そもそもフロントエンドとは、Webブラウザ側で作動する部分のことを表しており、Webアプリケーションでユーザーが操作する部分になります。

フロントエンジニアがよく使用するコーディングスキルはマークアップ言語、スタイルシート言語、プログラミング言語などが挙げれらます。

フロントエンドエンジニアが使用する、マークアップ言語はHTML、スタイルシート言語はCSS、プログラミング言語はJavaScriptなどが挙げられます。

フロントエンドエンジニアは比較的新しいエンジニアの職種で一昔前ではWebデザイナーがフロントエンドエンジニアの役割を担っていました。

しかし、ITの普及に伴いフロントエンドの専門性が向上し、フロントエンドエンジニアという職種現れました。

フロントエンジニアの現状

前の章で少し現状について触れましたが、ここでは詳しくフロントエンジニアの現状について解説していきたいと思います。

フロントエンジニアは比較的新しい職種とお伝えしました、その背景にはITの普及と専門性の向上とされています。

現在、スマホなどによるITを駆使して、サービスの展開を行う企業が増加しており、デザイン性を向上させることで競合企業より優位な立ち位置に着くことを目指す企業も増加しています。

文字の色や大きさだけでなく、動きなどを多く使用し、自社のサービスをよくみてもらうようにプロモーションを行なっています。

このようにフロントエンジニアに求められる技術や知識は高まっていることが考えられます。

一昔前のWebデザイナーが兼務している状況では開発のスケジュールが増加していき、サービスをリリースするまで時間がかかってしまいます。

IT業界は流行などが比較的速く変化していく業界なので、開発に数年かけている状況は好ましくない場合があります。

これらの理由から、フロントエンドエンジニアはスピードが必要でありながら、正確なコーディングが求められる職種といえます。

フロントエンジニアになるために必要なスキルとは

フロントエンジニアに必要なコーディングには、少し触れましたがコーディングができるからといって、フロントエンジニアになれるわけではありません。

コーディング以外に必要とされる知識や技術は下記の通りです。

ライブラリ・フレームワーク

コーディングをはじめから一つ一つ書くことは、勉強にはなりますが開発のスピードとしては遅くなります。そのためライブラリを使用することで開発スピードが向上します。

また、開発を行うには環境を構築するする必要がありますが、フレームワークを使用することでそういった手間が省けます。

使用する言語ごとにライブラリーやフレームワークがあるので使用する状況にあったものを選択されることをおすすめします。

要件定義と設計

サービスを展開する際にフロントエンジニアとして、お客様とどのように関わるかを考え、行動することはエンジニアとしての信頼構築するには重要です。

そのため、お客様のニーズを明確に聞き出す要件定義とそれを実現する設計スキルが必要になります。

バージョン管理

開発を行うのであればバージョン管理は必須スキルといえます。

問題が生じた時に、いつ、どこで、誰がどのように変更したのか理解することが重要です。それを明確にしてくれるのがバージョン管理です。

バージョン管理で有名なGitは開発を行うのであれば知っておくことをおすすめします。

こんな方におすすめな職種です

フロントエンジニアは、ユーザの意見に触れる機会が多い職種になるので、お客様のニーズを汲み取ることができるコミュニケーション能力があり、なおかつ人の力になりたい方にオススメな職種です。

また、フロントエンジニアは開発にスピードを求められることが多くあるので、プレッシャーに強い方にもオススメな職種といえます。

フロントエンジニアの需要は今後も増加していくことが考えられ、現在人気なエンジニアの職種です。

そのため転職を行うのであれば、フロントエンジニアの最低限のスキルと明確な転職理由が必要になります。

ポートフォリオの作成は必要ですが、未経験なら自立しているエンジニアのように開発できないことは当然です。

そのポートフォリオがどのようにサービスを提供するのか明確に答えられる準備をされることをオススメします。

いかがだったでしょうか。

エンジニアの人材不足は深刻で今後も需要が増加し、価値も向上してくることが考えられます。

しかし、エンジニアは比較的若い世代が働いていることが多く、上司が歳下などといった状況があります。

そのため状況によっては若い世代の方がプロジェクトを円滑に回すことができるので、転職の場合は年齢が低い方が優位になることもあります。可能であれば早めに判断されることをオススメします。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
03-6869-9610
UA-177436415-1