Ederor

今更聞けない?ビジネス特化型SNS。LinkedInとは?

今更聞けない?ビジネス特化型SNS。LinkedInとは?

LinkedIn(リンクトイン)について、皆さんは利用したことがあるでしょうか?

LinkedInはビジネスに特化したSNSで、日本ではまだ広く普及しているとはいえませんがアメリカをはじめ、中国やインドなどで広く使われています。

今回はそんなLinkedInについて解説していこうと思います。

  • LinkedInとは?
  • LinkedInの「つながり」とは?
  • LinkedInの使い方
  • まとめ

LinekedInとは?

LinkedInは2003年にサービスが公開されて以降、世界的に有名なビジネスマッチングSNSとして人気を誇る様になりました。

アメリカのシリコンバレーで誕生したLinkedInは、日本では利用者数があまり伸びていないものの世界的に6億人にのユーザーがいると言われています。(2021年1月現在)

その内、日本人のユーザーは200万人程と言われており、日本国内ではこれから徐々にLinkedInでの活動が盛り上がっていくことが予見されます。

LinkedInはビジネスに特化したSNSということもあり、個人で利用する際は自身の経歴などを登録して自身のスキルや経験をアピールすることができます。

人材を募集する企業側はこうした各個人のプロフィールを検索し、直接リクルーティングに繋げることも可能です。

こうしたダイレクトリクルーティングを行う上で、LinkedInはうってつけのプラットフォームと言えます。

LinkedInの「つながり」とは?

LinkedInでは、プロフィール作成後にユーザーが他のユーザーや企業との交流を深めるために「つながり」というものがあります。

ビジネスでの人脈構築は非常に重要で、ビジネスチャンスを獲得するためには人や企業とのつながりは欠かせません。

同業界で働いている人との繋がりや、企業とLinkedIn上でつながることにより、自身のビジネスの幅を広げることができると同時に、自分自身を相手に売り込むことができます。

こうした活動は、従来のオフラインでの人脈形成やその他のSNSでは難しい他業種との交流をも可能にしました。

普段出会わない業界・業種の人とつながることは、ビジネスだけでなく自身の価値観を広げる意味でも効力を発揮します。

LinkedInの使い方

LinkedInの使い方についてですが、多くの利用者は新規顧客の獲得や同業者と繋がるために利用しています。

FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSは私的に利用するユーザーが多く、ビジネスでの利用に特化しているわけではありません。

そのため、ビジネスとプライベートとの利用を混同してしまい、違和感を覚える方もいるのではないでしょうか。

そういった方にはLinkedInはうってつけのSNSです。

また、LinkedInの利用者の中には世界的なエキスパート人材も数多く活動を行っているため、良質な情報を獲得する場としても利用することができます。

このほかにも、LinkedInでは転職活動をLinkedIn上で行うことができ、求人を検索したり、それに応募することもできます。

まとめ

LinkedInは、多くのビジネスパーソンの人脈と可能性を広げるということはなんとなくわかっていただけたでしょうか。

就職や転職・ビジネスを行う上で、スキルや経験ももちろん大事ですが、なによりも大切なのは信用です。

信用を獲得するためには、良質な人間関係を構築し自信をアピールしていくことが大切です。

これはLinkedInだけに限らず、従来の人間関係やキャリア活動でも同様のことが言えます。

また、自身が信頼を得られるように活動するだけでなく、優秀な人材と交流を重ねることにより、自分がどのような人材を目指すべきなのかということもおのずと見えてくるのではないでしょうか。

いかがだったでしょうか。

日本ではあまりLinkedInを活用できている人は少ないと思いますが、ビジネスの幅を広げるためにもまずは試してみるのはいかがでしょうか。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
03-6869-9610
UA-177436415-1