Ederor

リモートGUIでサーバーを管理するRDPとは

リモートGUIでサーバーを管理するRDPとは

RDPというプロトコルをご存知でしょうか。Windows Server を管理する時には、ほぼ必須となるリモート接続用のプロトコルです。今回は、そんなRDPについて解説していきます。

  • RDPとは
  • RDPの活用方法
  • RDPのメリットとデメリット
  • まとめ

RDPとは

RDPは、Remote Desktop Protocol の略です。

RDPを使用するとネットワーク越しに遠隔地にあるサーバーなどのデバイスへログインし、操作、管理をすることができます。

Windowsなどを展開しているMicrosoftが開発したプロトコルで、Windows OSのリモートデスクトップなどで使用されています。

ポート番号は、3389番です。

これまでにも、telnetやsshをご紹介してきましたが、それらのプロトコルとRDPが大きく違うのは、サーバー側の画面をクライアント側に表示し、クライアント側からキーボードやマウスの操作情報をサーバー側に送ることができる点です。

telnetやsshは、基本的にCLIでの操作が必要になります。

デバイスを操作するためには、コマンドを実行する必要がありました。

一方で、RDPでは、画面も遠隔地から共有することができるため、GUIの操作でサーバーを操作することができます。

RDPの活用方法

RDPは、よくWindowsサーバーを管理するために使われます。

RDPは先ほどもご紹介した通り、GUIで遠隔地にあるデバイスを操作することができるプロトコルです。

企業で使用されているサーバーのOSは、Windows Server系とLinux系が大半ですが、Windows Server系のサーバーを管理する際には、管理端末から対象のサーバーへRDPを使ってログインします。

ログイン後は画面を見ながらサーバーの操作を行うことができます。

また、RDPはWindowsクライアントにも接続できるため、社内のPCで不調のPCにリモートデスクトップ接続をしてトラブルシュートを実施するなどの使い方もできます。

RDPのメリットとデメリット

RDPのメリットとデメリットをご説明します。

メリット

RDPには、様々なメリットがありますが、そのほかの遠隔操作用のプロトコルと同じように、遠隔地にあるデバイスを操作できることは大きなメリットです。

また、リモートデスクトップを使うことで、実際の処理をリモートデスクトップ先のデバイスに任せることができます。

例えば、自宅のPCのスペックが低い場合でも、リモートデスクトップ先のデバイスのスペックが高ければ、スペックが高い環境でアプリケーションなどを動かすことが可能になります。

この特性を利用して、最近ではテレワークなどでも使われることが多いプロトコルです。

デメリット

デメリットとしては、リモートデスクトップ先のデータをローカルに保存することが可能になる点です。

リモートデスクトップでは、接続先のデバイスのデータをコピー&ペーストすることで、簡単にローカルの環境にコピーすることができます。

そのため、データの漏洩リスクが高まる危険性があります。

なお、リモートデスクトップの機能を制限することでデータが漏洩するリスクを下げることはできますが、カスタマイズが必要になるデメリットもあります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

RDPは、IT以外の場面ではあまり使用しないプロトコルではありますが、逆にITの現場では必須のプロトコルとなっています。

最近では、セッションホストを構築して仮想デスクトップを使用するVDIなども盛んで、RDPを使用する場面も増えてはいますが、ITの管理者などでない限り中々RDPの存在は意識しないかと思います。

しかし、エンジニアになる上では、必ず知っておく必要がある知識の一つですので、覚えておいてください。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
03-6869-9610
UA-177436415-1