Ederor

セグメンテーションの意味とは?

セグメンテーションの意味とは?

みなさん、「セグメンテーション」という言葉は聞いたことあるでしょうか?

マーケティングに関わっている人なら必ず聞いたことがあると思いますが、ニーズごとにグループ化、細分化することを指します。

商品の販売戦略を考えるうえで役に立つ考え方なので、ぜひ覚えておきましょう。

今回は、セグメンテーションについて紹介します。

  • セグメンテーションとは
  • セグメンテーションは必要?
  • セグメンテーションで用いる項目
  • まとめ

セグメンテーションとは

セグメンテーションとは、冒頭でも伝えた通りニーズごとにグループ化、細分化することを指します。

例えば、居住地・年齢・趣向・行動パターンなど特定の属性ごとに分類し、それぞれに対しどのようなニーズがあるかを考えなければなりません。

分類したグループごとに価値観や趣向を考え、空想の人物を1人作り上げることまでやります。

この空想の人物はどのように考えて行動するかをみんなで話し合い、その人が購買意欲がわく瞬間がどのタイミングなのかを考えます。

購買意欲がわく瞬間にアプローチすることが出来れば、商品の売上が向上し知名度も上がるので同じ分類の人は買ってくれるようになります。

このようにセグメンテーションを行うことで、その人に合ったニーズを分析し正確にアプローチすることができます。

セグメンテーションは必要?

前章で「セグメンテーションとは」について紹介しましたが、なぜ必要になるのかを考えてみましょう。

ここでは、セグメンテーションの必要性を2点紹介します。

消費者ニーズの多様化

時代が進むごとによって人間の数が増えているため、単純に消費者が増えていることになります。

消費者が増えるということは、消費者のニーズが多様化しており、現在では誰しもが欲しがるような商品やサービスはほとんどありません。

万人受けするような商品はかけたコスト(費用)に対して、見合う売り上げは期待できません。

そのため、商品の強みを理解し、セグメンテーションで分類した見込み客に対してアプローチすることが必須になるわけです。

競合への対抗策

セグメンテーションを行うと売上が伸びるかもしれないが、その時間に対しての売上が必ずしも保証されているわけではありません。

また、セグメンテーションの作業自体も手作業で行っていたため、膨大な時間がかかっていました。

しかし、現代ではITの発展によりセグメンテーションを行えるようなツールが低コストで利用できるようになっています。

そのため、セグメンテーションを行いたいと考える人が実施できるようになっています。

さらには多くの人がツールを使うことによって、データが多く集まりより深い分析が可能になりました。

しかし、多くの人がセグメンテーションを行えるようになったため、セグメンテーションをすること自体が一般化ししっかりと出来ていないと競合に簡単に負けてしまうようになっています。

セグメンテーションで用いる項目

セグメンテーションで一般的に用いる項目を4点紹介します。

地理的変数(ジオグラフィック変数)

地理的変数(ジオグラフィック変数)とは、国、地方、県、市など気候・人口密度・文化・生活習慣・宗教といった地理的な要素を使ってセグメンテーションを行う方法です。

地理的な要素によって商品の売上が変わってくるため、売れる地域では商品の数を増やし、売れない地域では数を減らし他の売れている商品を増やすといった施策を取ることが出来ます。

人口動態変数(デモグラフィック変数)

人口動態変数(デモグラフィック変数)とは、年齢、性別、職業、所得、学歴、世帯構成、ライフサイクルといった顧客の属性に関する要素を使ってセグメンテーションを行う方法です。

この方法は最も用いられる手法で、理由としては消費者の購買意欲の大部分は人口動態変数と密接にかかわっているからです。

社会的心理的変数(サイコグラフィック変数)

社会的心理的変数(サイコグラフィック変数)とは、性格、価値観、嗜好、ライフスタイルといった心理的な要素を使ってセグメンテーションを行う方法です。

簡単に言ってしまうと、どこにお金をかけているのか分析し、どのターゲット層に商品を開発し売りたいかを考えるときに使われます。

もちろん、社会的心理的変数(サイコグラフィック変数)だけでなく、他の手法と合わせて使われることが多いです。

行動変数(ビヘイビアル)

行動変数(ビヘイビアル)とは、購買状況、経路、頻度、製品に対する知識や態度、使用場面、反応といった行動パターンに関する要素を使ってセグメンテーションを行う方法です。

例えば、楽天クレジットカードの購入履歴やどのルートでの買い物が多いかなどを見ることが出来ます。

まとめ

今回は、セグメンテーションについてを紹介しました。

少子高齢化が進む日本だけみると、市場は縮小傾向にありますが世界人口は増え続けているのが現状です。

日本だけでなく海外にも目を向けることで、新しい商品やサービスを生み出すことが出来るかもしれないので、ぜひセグメンテーションを行って分析してみてくださいね。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
03-6869-9610
UA-177436415-1